2001年 宇宙の旅

学生の頃、所属していたサークルで「2001年 宇宙の旅」を見たように思う。
15インチくらいのブラウン管テレビだっただろうか。

それを極めて久々に眺める機会に恵まれる。
これがもう、びっくりするほど当時のことを何も思い出せない。
間違いなく、寝落ちしたんだなと思う。

それにしても、今の人がみると
「サイコすぎて全然わかんねぇ」
ということになろう。

証拠もない事象の証拠すら作り上げてしまう

人間たるもの、人生の中で気に入らないことというのはどうしても出てこよう。

そこで、気に入らないものを排除しようと動くのか、せめて自分は手本となる存在にならんと努めるのか。
人の値打ちはそういうところでも変わってくるのだろう。

ところで、たにぐちも入社8年目になろうとしている。
人生80年と思えば、10分の1を今の会社で過ごしたこととなる。
他の従業員も、たにぐちとさほど変わらない時期に入社しているので、勤続年数は数か月の差でしかない。
そのなか、悩みごとといえば売上や実績といったことではない。
8割以上が、職場の雰囲気の悪さである。

いつまで経っても
「あれが気に入らない」「こいつが許せない」
といった感情に満ちている。

そろそろバカバカしくなってきた。
8年という数字が、よりバカバカしさに拍車をかけている。
いつからか、そんなことをいつまでも続けている従業員は放っておくこととした。

その従業員の一人の目には、この放っておくという行いが「攻撃」として映ったらしく、たにぐちは現在、どうやら「反撃」らしきものを受けている。
経営者から話を聞くところから推測するに、どうもありもしない事実をでっちあげ、それをもとに被害者意識を生成しているようなのである。
具体的なところ、たにぐちが同従業員の
「パソコンの画面を盗み見ている」
とか
「プライベートのメールを盗聴している」
ということらしい。

こういう妄想癖の強い人間の恐ろしいところは、証拠もない事象の証拠すら作り上げてしまいかねない点にある。

じゃあ審査員をAIにしてしまえ

フィギュアスケートの季節である。

コマーシャルが流れるたび
「審査員がつける点で世界最高得点って意味あるんか」
と思う。

どうもフィギュアスケートが好きな人々(主に家族)の話を聞いていると、やはり
「あの審査員はどの選手が好き」
というようなことがあるようである。

で、いきなりAI(人工知能)のお話になるが、じゃあ審査員をAIにしてしまえ、と一瞬思った。
が、AIが本当に人間に匹敵する思考を持つというなら、やはりAIにも選手の選り好みが発生することとなろう。
酷い場合、選手がAIに媚びるところまで発展する絵まで浮かんでくる。

バカバカしいと思いつつ、まったくない話でもないとも思う。

なにせ、相手を打ち負かす部類のスポーツがすっきりするよね、ということである。
いくら審判がボール球をストライクと言おうが、そのボール球をホームランにしてしまえば誰も文句は言えまい。

2016年10月09日の段

近頃どうも、「あきんど」らしい面も出てきたらしく、やたらニコニコしている節がある。
お客さんとの会話も円滑になっているように思う。
「人の話を聞く力」とか
「相槌を打つ技術」
みたいなビジネス書が横行しているが、最終的には実地訓練というところに落ち着く。

うたのおじさん!?

学生時代、大変お世話になった先生の日記に目を通す。
世間には栗畑なるものがあることを知る。
リンゴや桃とように、栗を栽培している畑であろうと思われる。
元来、栗というものは足場の悪い山中で採集するものとばかり思っていたので、新鮮な驚きを得られた。

ところで、栗といえば童謡の「大きな栗の木の下で」である。
この歌詞に登場する、「あなたとわたし」。
これが男女、男男、女女、いずれの組み合わせであるかは不明である。
ともあれ、なかよく遊ぶ大きな栗の木が足場の悪い山中であるとは、やや考えづらい。
もしやあの歌に登場する栗の木は栽培された木だった、ということはないだろうか。

というようなことを、あのわずかな歌詞から想像してみると、なかなかに面白い。
Wikipediaによると、歌詞を作ったのはNHKテレビ「うたのおじさん」友竹正則さんだという。

うたのおじさん!?

名前:たにさん or たにぐちさん
職業:むかし、元オタク
  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • イマ☆ドキ地味なアクセス件数