2013年07月21日の段、Episode.I!「電話代ごときにいくら払うというのか」

2010年の秋期試験で応用情報技術者に合格したたにぐちさん。
2002年の基本情報以来、実に8年ぶりの合格だった。

別段、懸命に勉強していたわけでもなく、新しい会社における日常業務の延長線の知識で合格したと言ってよい。
だとするならば、はるかに規模の大きい前の会社の日常業務の中でこそ合格が取れたはずなのに。
ま、あんな腐敗した会社のことなど思い出したくもない。

ともあれ、合格で少し気が大きくなっていたたにぐちさんは、ろくにお金もないのにスマートフォンなど契約してやろうと思ったワケだ。
当時はIS03の登場を皮切りに、世の中がスマートフォンに沸いていた。
キャンペーンなどの恩恵もあり月額5500円ほどで不自由なく暮らしていた。
それが今年の2月の終わりごろ、突然7000円近くに跳ね上がった。
キャンペーンが終了したのである。

1500円の差とはいえ、自宅のインターネット(サーバを動かしているので必須)なども加味すると
「オレは一体、電話代ごときにいくら払っているんだ」
とバカバカしい気持ちになり、すぐに数十分の無料通話がついている下位プランへと変更した。
以来、携帯にかかるお金は月額1300円程度に納まるようになった。

とはいえ、やはり出先でちょっと通信環境が欲しいと思うシーンはちまちまとある。
そこで、いま世の中で脚光を浴びているコレ。

今すぐに導入は少々難しい。
言わずもがな、端末を買うだけで相当の額が飛んでいくからである。
なにか安い端末はないものか。
極論、対応するルータでもよいのだけども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

名前:たにさん or たにぐちさん
職業:むかし、元オタク
  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • イマ☆ドキ地味なアクセス件数