IE JavaScript 実行できない

業務中、少し興味深いトラブルに遭遇したのでメモ。

現象:

InternetExplorerでJavaScriptが動かない

これだけでインターネットを検索すると、大半が
インターネットオプションで所定のパラメタを有効にする
という対処法がヒットする。

そんなことは、IEの設定をリセットでとうに終わっとるねん、という話である。
パラメタは正常なのに動かないというのは、ほかに阻害要因があるということである。

こういうモヤっとした感じは、おおよそセキュリティ製品を疑う。

よくよく調べていくと、IEのアドオンの中に「Script Proxy」という怪しい名前のものが見つかる。
名前から察するに、JavaScriptをはじめアクティブスクリプトの実行を肩代わりするものと推測される。
これの発行元がMcAfeeとなっている。
実行時に危険性を検証してくれるのだろう。
これが無効化されていた。

無効化されてるなら、デフォルトのエンジンで実行されるんちゃうん?
という気がしなくもないが、世の中そうもいかんこともあるのだろう。
有効期限が切れるとインターネットへのアクセスを封じるセキュリティ製品は多い。
あの感覚に近いのかもしれない。

結局、これを有効化するのではなく削除ツールを用いてスッキリさせてやることとした。
これで解決。

結論として。

す、すくりぷとぷろくしぃ…
おそろしぃ…

と述べておきたい。

IEを使うなというご意見もあろうが、さすがにエンドユーザ様が決めることなので、ご意見はエンドユーザ様まで。

以上、参考まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

名前:たにさん or たにぐちさん
職業:むかし、元オタク
  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • イマ☆ドキ地味なアクセス件数