03月11日の段、Episode.I!「SE風災害対策」

自宅のIPにpingを打って確認。
人の生存は確認できないが、電気通信系統が死んでない程度の確認にはなる。

が、自宅のIPは動的に変化する。
固定IPが欲しいのだけど経済的にそうもいかない。

そこで、
Web上にアクセス元IPをテキストに吐くだけのCGI。
自宅にはそれに対して定期的にHTTPアクセスするだけのcronジョブ。

この組み合わせで何とか自宅にpingが打てる。
sshでログインを仕掛けて家族のパソコンにpingが打てる。
返ってきたら、何かしら情報収集をしていると仮定できる。

電話しろよって感じだが、電話が通じないときのために、何かできることを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


名前:たにさん or たにぐちさん
職業:むかし、元オタク
  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • イマ☆ドキ地味なアクセス件数