BIND 9.9.7 SERVFAIL

善し悪しはある前提で、BINDのセットアップを行う@FreeBSD 10.1。

cd /usr/ports/dns/bind99
make install clean

昔のバージョンに比べて大幅に困ったのは、named.confの書式が少々変化していたこと。
ゾーンの記述をコピー&ペーストでサービスを動かし、外部からルックアップを仕掛けた場合にSERVFAILというエラーが返ってきてしまう。
どうも、ゾーンファイルの場所をフルパスで記述する必要があるということ。

世の中、たにぐちさん見たいな「ぬるい」rootの方が稀であると思うので、この程度のことでトラブる人はおらんと思うけども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

名前:たにさん or たにぐちさん
職業:むかし、元オタク
  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • イマ☆ドキ地味なアクセス件数