たにぐちさんがスキルを保有していない

お客様から、NASが読めないという持ち込み。
調べるとメーカー出荷時はRAID0の製品で、案の定そのまま運用されていた。
日頃のたにぐちさんであれば、この時点でサジを投げる。
のだけども、壊れた片系のディスクは少し遅れて認識できることがわかった。

これはもう、かねてから恐ろしくて到底できないと踏んでいた
「よそのパソコンでRAIDを再構築」
という荒技に挑戦する絶好のチャンスである。

もっとも簡素で参考になったサイトは下記。
どぶお/Linuxで遊ぼう!/RAIDをちょこっと使う – BioKids Wiki

下記コマンドでRAIDドライバを読み込む

# modprobe raid0

下記コマンドでアレイを構築するディスクに「あたり」をつける

fdisk -l

※「あたり」をつけるという曖昧な記述をしているのは、たにぐちさんがデバイス番号の読み方についてスキルを保有していないため。
 つまり、2つのHDDを接続して起動をかけると、たにぐちさんの場合はどちらがどちらのHDDか識別できない。
 これを回避するため、たにぐちさんは起動時は1つのHDDで行い、残り1つをあとから接続して出現するものを2つ目として識別している。

viで/etc/mdadm/mdadm.confを開き、下記記述を追記

DEVICE /dev/sda
DEVICE /dev/sdb

下記コマンドで起動させることのできるアレイを検出

# mdadm –examine –scan
ARRAY /dev/md0 …
ARRAY /dev/md1 …

下記コマンドで起動するアレイをmdadm.confに追記

# mdadm –examine –scan >> /etc/mdadm/mdadm.conf

下記コマンドでアレイを起動

# mdadm –assemble /dev/md0
# mdadm –assemble /dev/md1

下記コマンドでNASの共有パーティション(どうせサイズが一番大きいパーティション)をマウントする。

mount -t xfs /dev/md0 /media/md0

※xfsの箇所については、NASの仕様(フォーマット)に応じて適宜変更のこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


名前:たにさん or たにぐちさん
職業:むかし、元オタク
  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • イマ☆ドキ地味なアクセス件数