従業員にすら存在を忘れられてしまった

量販店やスーパーなどは、お客さんが能動的な意志によって商品を探すという行為を行うものと思う。
一方で、零細型の店舗においては、
「お客さんから相談を受けて、こちらから商品を提案する」
という傾向が強いものと推測する。

こういうお店の場合、長期間に渡って売れずに残っている商品がたまたまマニアックなお客さんの目に止まって売れるということは、まれである。
商品がやがて、お店の従業員にすら存在を忘れられてしまったとしよう。
その商品が売れる日は来るだろうか。

まぁ来ないという話である。

たまにそういうものを持っていることで、ごくごく一時的に「神」になれることはある。
時が経てばレアな商品になるケースがあるためである。
一時的に入ってくる金額も見かけは大きい。
しかし、その商品を長期間管理してきたコストを思えば、それは本当に「儲けた」といえるのだろうかと迷ってしまう。
商品なんて置いておくだけで管理コストなんてかからないんでしょ、という意見もあるのだろうが、どうも違う気がする。
このモヤっとした感覚を説明する何かが、経済というか商業、およびそれらを取り巻く学問の世界にあるのではないかと推測しているが、どんなものだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


名前:たにさん or たにぐちさん
職業:むかし、元オタク
  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • イマ☆ドキ地味なアクセス件数