2019年05月15日の段 「死ぬほど可愛い」

たぶん10年以上前、名古屋に住んでいたころ
「死ぬほど可愛い」
と思った女性がいる。
以下、この人のことを「ご本人」と呼称する。
ご本人の名誉のために一応述べておくが、お付き合いをしてくださった期間は1秒たりともなく、ご本人は現在既婚である。

今でも視界に入ると、
「100%ただの良い友人」
という目では見るのは難しい。
それはもう相当の年月、ご本人に対しては激烈な敵対心をねつ造して暮らしてきた。
いっぽうで、長い年月のなか「心安らかに笑顔でいて欲しい」と願う感情も芽生えてきた。
少しずつ、それはもうほんの少しずつコミュニケーションを重ね、ついにはTwitterのメッセージ機能という微妙なものを用いて会話をするようになった。

そんな相反する感情うずまく微妙な相手と、2泊3日の空間に追いやられる。
例年長野の山奥で行っている、名古屋の男衆の寄り合いである。
ご本人は既婚者であるので、男だけの2泊3日に付き合うはずがない。
それはもう「会話のネタ」程度に誘ってみたら、いや誘うというより情報を横流ししておいたら、なぜか来ることになったという寸法である。

期間中は、ご本人を透過型オブジェクトか何かだと思ってやり過ごした。
ひと言ふた言ではあるが、 透過型オブジェクトと会話らしい会話をする機会があった。
そのなかで、ご本人の誕生日が近いことが話題になった。
最後に何か、お祝いをしたくなった。

2泊3日を何とか乗り切り帰宅し、さっそくお祝いの準備を始めた。
既婚者への捧げ物選びとしては、いささか非常識な時間と集中力をかけた。
選んだモノが、 既婚者への捧げ物として妥当なのかという疑問も残った。
それでも、本人の姿をあらん限りの想像力でイメージして(コストバランスも総合して)「これが最良」という根拠のない確信があった。

後日、根拠のない気合いを込めた捧げ物は、別の人の手で渡してもらうこととなった。
それでよかったと思う。
直接渡して、まかり間違って喜ぶ顔など見せられたら、臓器が破裂する恐れがある。
しかしまぁ、目に見えないところでご本人は意外にも喜んでくれたようだった。
喜んだフリとかではない、と信じたい。

片想いの相手であれ、今やよそ様のご内儀であれ、一度くらいは誕生日を祝いたいものである。
そのごく日常の事象を10年以上 (仮) ごしに消化し、憑き物が落ちたというか、ひと区切りついた気がした。

どうかこれからも、心安らかに、笑顔でいて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

名前:たにさん or たにぐちさん
職業:むかし、元オタク
  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • イマ☆ドキ地味なアクセス件数