12月21日の段、Episode.I!「コンピュータを否定するエンジニア」

消費者の皆様は、パソコンを
「夢が詰まった完全無欠のスーパーマシーン」
だと考えておらえれるようである。

壊れたパソコンを指差して、不満いっぱいにこう言うのである。

「昨日までは普通に動いていた」
「少し目を離したうちに動かなくなっていた」
「買ったばかりなのに」

いま一度、パソコンが
「ただの電気製品のひとつに過ぎない」
ことをご理解いただきたい。

値段は大きく違うだろうが、パソコンを扇風機に置き換えて考えて見て欲しい。

昨日まで普通に動いていた扇風機は、ある日突然動かなくなるし、
少し目を離したうちに止まることもある。
しょせん人間が作ったものだ、買ったばかりの扇風機だって壊れることもあろう。
だから保証期間というものが設けられているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

名前:たにさん or たにぐちさん
職業:むかし、元オタク
  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • イマ☆ドキ地味なアクセス件数