重要

2015年01月07日の段、Episode.I!「死んでいるのとあまり変わらん」

たにぐちさんは「ヒューマンエラーありき」で生きている人である。 よって、昨今の食品への異物混入の事案について、 「何を当たり前のことで騒いでいるのか」 程度にしか捉えていない。 ないにこしたことはないけど、そりゃあるでし
[続きを読む…]

2014年03月09日の段、Episode.I!「なんと滑稽なことか」

震災から3年を前にして、メディアはその話でもちきりである。 政治家、指導者、立場は様々だが束ねて責任者と呼ぼうか。 彼らの判断の誤りで命を落とした人々の話題は格好の批判材料である。 批判をすると、人は気持ちよくなる、癒さ
[続きを読む…]

2013年01月31日の段、Episode.I!「あのクソ野郎にも、もしかすると正義があるかもしれない」

学生時代、SF研究会という名のサークルに所属していながら、「銀河英雄伝説」をまじめに見たことはなかった。 それが今、どういうワケだか感慨深く見ている。 アレだけ無尽蔵に人物が増えていきながら嫌にならない作品も珍しい。 ま
[続きを読む…]

2013年12月11日の段、Episode.I!「死んだって批判なんかできねぇよ」

世の中の愚かな事象に対して頭ごなしに批判的になったりする。 ここでいう「愚かな事象」というのは、露骨に言ってしまえば「テレビのニュース」だと考えていただいて差し支えない。 しかし、近ごろ思うのである。 その愚かと感じた事
[続きを読む…]

2013年07月09日の段、Episode.I!「前提をよくよく加味する」

たにぐちさんほど、世の中の動きに興味がない人も珍しいと思う。 それでも、どうしても領土問題に関するニュースは耳に入ってくるものである。 まず、世の中の動きに興味がないたにぐちさんが、ニュースなどから推測される領土に関する
[続きを読む…]

2013年03月03日の段、Episode.I!「物事を相対的に見る」

これから述べることは、難しいことを言っているように聞こえるかもしれない。 しかし、後述の文章は、読解力という観点から下記のような人を対象としたものである。 高卒後の進学を ●「少なからず志した」、 ●「(受験したしないに
[続きを読む…]

2012年12月26日の段、Episode.I!「たにぐちさん、速達を出すの巻」

名古屋に住んでいた頃、従業員の娘たちが可愛くて通いつめていた居酒屋がある。 2004年のオープン以来、ずっと勤めてこられた方が、年末をもってついについに辞められるという。 最後のお仕事を見届けに行ってあげたいものの、予算
[続きを読む…]

2012年12月18日の段、Episode.I!「たにぐちさんが元片想いの相手のパソコンの修理に手を貸す、の巻」

元彼女以前に元片想いの相手という点が重要である。 名古屋に住んでいた頃の友人と、Skypeの会話のみでパソコンをリカバリを指示するという、文字通り「はなれわざ」を発動する。 相手とはiPhoneのSkypeで会話。 結果
[続きを読む…]

08月13日の段、Episode.I!「この3日間のまとめ」

3年前のゴールデンウィーク、和歌山に戻ってくる直前、オレは名古屋の連中と旅に出た。 その再来。 おなじメンバーで、あの時とおなじ場所へ。 11日: [名古屋] これから山に行こうというのに柳橋市場で海の香りにまみれる コ
[続きを読む…]

12月09日の段、Episode.I!「自分たちが育ってきた世界」

若いころは、電子ネットワークの片隅で起きていたドラマじみた出来事に、ひどく心動かされたものである。 今やニコニコ動画などで当たり前になりつつある、 「なにがししてみた」系 の人々のクォリティの高い動画、音楽などもそう。
[続きを読む…]

<<前ページへ
名前:たにさん or たにぐちさん
職業:むかし、元オタク
  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • イマ☆ドキ地味なアクセス件数